フォトウェディング

体験談

茨城県 K様ご夫婦

2013年5月 パリ市内にてドレスでのフォトツアー

2013年5月22日にパリの教会で挙式後、パリ市内にてドレスでのフォトツアーも行いました。 もともと、パリでのフォトツアーが夢だったので、ドレスもオーダーしたものを日本から持って行きました。

ただ、私のこだわりは『カラードレスも着て写真に残したい』というものでした。 そのためにクイックチェンジ出来るドレスをオーダーし、エッフェル塔や凱旋門で白ドレスとカラードレスの両方で撮影して頂きました。 通常のフォトツアーでは、このようなワガママは完全に無理です…

でも、『オフィスbe-a』さんから紹介して頂いたカメラマンさんは快く引き受けて下さいました。
思い描いていた夢が叶い、本当にハッピーな一日でした!!

内容は…

  1. 白ドレスで凱旋門へ行き、白ドレスの撮影
  2. その場でカラードレスに着替え、カラードレスの撮影
  3. カラードレスのままエッフェル塔へ行き、カラードレスで撮影
  4. その場で白ドレスに戻り、白ドレスで撮影
  5. 白ドレスでアレクサンドルⅢ世橋へ行き、白ドレスで撮影
  6. ホテルの階段にて、白ドレスで撮影

というものでした。 挙式もあったので時間の関係で撮影場所は限られましたが、凱旋門とエッフェル塔という観光客で賑わっている中でのドレスチェンジはとても楽しく、観光客の方々も驚いて下さり沢山の方と一緒に写真を撮りました!

パリでは多くの皆さんが注目し祝福して下さるので、まるでドラマの主人公!!!

カラードレスは、白ドレスの上に布を被るだけで全く違うイメージのドレスに短時間で変身出来るので、カメラマンさんが手伝って下さり念願が叶いました。
しかもドライバーさんもとても紳士な方で、帰りに日本語で『おめでとう』とエッフェル塔のキーホルダーをサプライズでプレゼントして下さったのです!
☆何から何まで楽しく幸せな心温まるフォトツアーでした☆

カメラマンから見たフォトツアー

弊社がパリでの挙式、フォトツアーで撮影を依頼しているのは、 人気の日本人女性カメラマンです。
素敵な彼女の人柄で、撮影の合間もみなさんとても楽しんでくださっています。

色々な事情で、何度も予定が変更になっていた結婚式。
1年越し?!2年越し?!の計画でようやく実現。
ご本人たちも、やっとやっと待ち望んだパリでのウェディング実現ですごく喜んでくれて、「楽しかった~!!」と言ってくださって。

そして何よりも私も同じくらい楽しかった♪
昨日も夜遅くに帰ってきたら、あらためて喜びのメールが届いていてほっこりしあわせな気持ちになりました。

パリ市内でのウェディングのフォトツアー。
どこに行っても観光客がいっぱいのパリ。
注目されることは必須。
みんなにカメラを向けられてお祝いの言葉をかけられるのは必須の撮影ですが、このお2人の撮影の注目度はいつにも増してすごかった♪
だって花嫁さんのウェディングドレスの早替えあり!

みんな、「うおおおおおっ!!」って驚きの声と、興奮の声が(笑)。
たぶんこんなの見たことないもの。
こっちの人は。
エッフェル塔を見渡すトロカデロ広場にもどよめきが(笑)。

「これはどういう仕組みになっているのか?」
「日本ではブルーのドレスに何か意味があるのか?」
私も質問攻めにあい。
特に青い色というのに意味があるわけではないけれど、日本ではお色直しというのがあり途中でドレスをかえたりすることも多くドレスを丸ごと着替えるのではなくて、こうやって簡単に取りつけられるドレスもあるようです。
とかって一体何回説明したか。

そういえば、たしかにフランスの結婚式とかでお色直しとしてドレスをかえるとかの習慣はないかも。
日仏カップルの結婚式で、途中でヘアスタイルや髪飾りのお花とかをかえるだけでもみんな「おおおっ。」と驚くもの。
だからこんな風に街中の撮影でドレスの早替えが見れたらどよめきがあがるのも納得。

そんなわけで、いつにも増して「一緒に撮ってください!」
という志願者が多い楽しいフォトツアーなのでした!

  • 前のページへ戻る

Facebook

最新情報

Instagram

オフィスBe-aのある京都の日常を切り取ります。